聴覚障がい児童向け情報保障機器 補聴援助システム「ロジャー」とは

自治体における集団補聴援助システムの導入案件の内、小中学校の現場で難聴児のための補聴援助システムの導入をご提案します。教育委員会ご担当者必見の内容です。

佐賀県鳥栖市の最新状況を追記しています。

全国の難聴児の保護者の方からいただく中で一番多い「FM型補聴器 - デジタル補聴援助システム(ロジャー)問題」に関して、詳しく説明をしています。

一番最後に重要な最新情報を追記しています。

1996年以降、日本の教育現場でFM補聴器、ロジャーが導入されてきた流れを分かりやすく解説しています。


障害者差別解消法「合理的配慮」について

2016年4月から施行されていた「障害者差別解消法」の改正法が2021年5月に公布されました。公立小中学校の現場におけるポイントを分かりやすく解説しています。(内容修正)

要求者(補聴器 / 人工内耳装用者、その親御さん)と、回答者(教育委員会の担当者)、それぞれに立場からみた「合理的配慮」を考えてみました。


補聴援助システム「ロジャー」導入の流れ

Coming soon...


無料コンサルティング / お問合せ

合理的配慮の希望者(補聴器などの装用者)、支援要望を受ける側(大学 / 教育委員会)のそれぞれに向けたコンサルティングメニューを無料でご用意しています。

補聴援助システム「ロジャー」で分からないことがあれば、何でもご相談ください。オンラインミーティングでも対応可能です。

ロジャーのデモ、試聴、見積もりなどのご要望はこちらからどうぞ。


教育現場におけるロジャーお役立ち情報

2016年の発売以降、多くの大学の学生支援室、聴覚支援学校などの教育現場に導入されてきた特徴を解説しています。

APD(聴覚情報処理障害)などに効く受信機をモニター用に利用できます。

ネット上に散見されるロジャーの新旧情報の混在を確認するための資料です。

「ロジャーパスアラウンド

マイク」の使い方

Coming soon...


APD(聴覚情報処理障害)、

UHL(一側性難聴)、

ASD(自閉症スペクトラム障害)

にも効果がある「ロジャーフォーカスⅡ」の解説をしています。

コロナ禍で増えているオンライン授業でもロジャーは有効です。PCとの接続などについて説明しています。

2022年1月にリリースされた「ロジャーオン」は近距離用・個人用とされていますが、大学などの教育現場での利用はできるのでしょうか。大ヒット機「タッチスクリーンマイク」と比較検証してみました。

2018年にリリースされた「ロジャー セレクト」はグループミーティングなどで重宝するロジャー送信機です。利用者からは「もうセレクトなしの生活は考えられない」などプライベートでも活用されているお声をいただいています。


 難聴者 

 医療関係者 

 言語聴覚士 

キャンペーン

 コラボレーション