· 

「もうセレクトなしの生活は考えられない」 会社でプライベートで大活躍の補聴援助システム「ロジャーセレクト」 Bluetooth で音声文字変換アプリとの連携も

2018年8月にリリースされた「ロジャー セレクト」は、職場のグループミーティングなどで重宝するロジャー送信機ですが、利用者の方からは「もうセレクトなしの生活は考えられない」「セレクト持参で飲み会に参加するのが楽しみで仕方ない」などプライベートでも積極的に活用されているお声をたくさんいただいています。2022年1月にはマイク機能の強化をした「ロジャーオン」もリリースされています。

 

また2021年12月に名機「ロジャーペン」が販売終了して後は、「ロジャーセレクト」はシリーズ中唯一の Bluetooth 搭載機となっています。Bluetooth 機能付きの iPhone や iPad との接続が可能で、最近ではそれらのスマートフォンやタブレットと接続し、ロジャー受信機なしで「UDトーク」「Google Live Transcribe」など音声文字変換アプリの外部マイクとして使う方も増えています。

 

 

下の図で「ロジャーペン」は2021年12月で販売終了し、2022年1月に後継機の「ロジャーオン」がリリースされています。

ロジャー 職場 大人数の会議 送信機を複数台組み合わせることで、大人数や広い会議室にも対応できます。
ロジャー 職場 打ち合わせ 送信機を卓上に置くだけで参加者の声が聞こえます。 ロジャー セミナー 研修 離れたところにいる話者の声が聞こえます。
ロジャーの多方向集音技術「マルチビームテ クノロジー」の技術がさらに進化しました。会話音と騒音の比率を毎秒数百回解析し、6方向/360度、その瞬間の話し手の声をビームのように捉えます。テーブルの上に置くと自動的に卓 上モードに切り替わり、話している人の声を集音します。特定の人の 声を聞きたいときは、セレクトモードでその方向を手動で選択できます。首かけモード クリップやネックストラップを取り付けて、話し手が使用します。 距離が離れていても話し手の声が ロジャー受信機に届けられます。
ロジャー プライベート 外出 駅やビルなど街中のさまざまな騒音環境でも、同伴者とスムーズに会話できます。 カウンター お店のレジや銀行窓口など、コロナ禍のカウンター越しでの聞き取りも安心です。
ロジャー プライベート 会食 レストランや居酒屋など、周囲が騒がしい環境でも会話が弾みます。 携帯電話 スマートフォンにBluetooth で接続すれば、ハンズフリーで通話できます。
ロジャー プライベート テレビ テレビの音声を耳元に届け、離れた位置でも音量を上げずに楽しむことができます。 自宅 対面での会話はもちろん、離れたところからの呼びかけなどでも、聞こえを助けます。

 

(2021/11/12 執筆 2022/08/16 加筆修正 / 妥当性確認)

  

 こちらの記事もお読みください