· 

全国1741市区町村の補聴器 / 補聴援助システム / ロジャー助成金制度について

全国の市区町村の補聴器 / ロジャーの助成金制度を調べてみました。

 調査数:全国1741市区町村(東京都特別区のみ23区それぞれ、その他「区」を持つ20政令指定都市は市ごと)に調査をしました。

 調査方法:それぞれの自治体のサイトにアクセスし、難聴児の補聴器購入助成金や、福祉要綱などを精査しました。

その結果を、A~Fの 6つの区分に分けました。

区分の詳細は以下の通りです。


 

(グラフ要素:ロジャー)

ロジャーの助成が可能と思われる。(83市区町村 / 全体の 4.8%)

 D.「補聴援助システム」の助成が可能と表記

 E.「FM / ロジャー」の助成が可能と表記

 

(グラフ要素:FM型補聴器)

FM型補聴器と比較してロジャーの助成が可能かを問合せる必要がある。(226市区町村 / 全体の 13.0%)

 B.「FM型補聴器」の助成が可能と表記されており、「デジタル補聴援助システム」の助成が可能かを問合せる必要がある。

 C.「特例補装具」の助成が可能と表記されており、ロジャーの助成が可能かを問合せる必要がある。

 

(グラフ要素:補聴器)

補聴援助システムの助成が可能かを問合せる必要がある。(1113市区町村 / 全体の 63.9%)

 A.「補聴器」の助成が可能と表記されており、補聴援助システムの助成が可能かを問合せる必要がある。

 

(グラフ要素:リンクなし)

補装具として補聴器の助成が可能かを問合せる必要がある。(319市区町村 / 全体の 18.3%)

 F.補装具としての補聴器等の助成の表記が全くないため、問合せる必要がある。

 

 

    

 

なお、都道府県ごとのデータはこちらでご覧ください。

「ロジャー補助金 都道府県リンク」

 

  A B C D E F
  ロジャー補助金 判定   問合せ 問合せ  問合せ  可能  可能 問合せ
 地方 都道府県数 全市区町村数 補聴器のみ FM補聴器のみ

特例補装具

補聴援助

システム

FM / ロジャー 確認できず
リンク種類    細字リンク 太字リンク

ピンク太字

リンク

青太字リンク 赤太字リンク リンクなし
 合計  47 1741 1113  211  15  27  56  319
北海道 1 179  127  50
東北  6 227  143  30  0  3 51
関東 7 316  182  54  16  33  31
中部 9 316  214  41  59
近畿 7 227  141  27  15  0  11  33
中国 5 107  73  9  11
 四国 4 95   56   9   0   1   0  29

九州 

8

274  177  41  55

まずは、各自治体の福祉のご担当者、サイト制作のご担当者に敬意を表します。

ここではトピックスをいくつかご紹介いたします。

 

【埼玉県】

20の市町で「FM型補聴器」の助成が表記されており、さらに「デジタル無線方式のものも含む」と併記されています。

すなわち「ロジャーOK」ということです。

 

【東京都】

12の区市で「補聴システムはFM型及びデジタル方式が対象となる」旨の記述がそれぞれのサイト内にあります。

また、東京都福祉保健局のサイト内の「中等度難聴児発達支援事業」ページも同様の記述があり、

実施主体は市区町村となっている為、他の市区町村でも、相談ができると思われます。

 

【石川県】

ろう学校きこえの相談支援センターが全19市町村に直接問合せてまとめた資料がネットに上がっています。

この資料で「FMシステムの助成が〇」になっているのが14市町あります。

 

【滋賀県】

15の市町で「特例補装具」の助成が表記されており、「補聴援助システム(ロジャー)」の助成が認められる可能性が高いです。

 

【兵庫県】

10の市町で「FM型補聴器」の助成が表記されており、さらに「ロジャーシステムを含む」と併記されています。

ある市の担当者に聞いたところ、兵庫県の要綱でこの表記が使われている為(ネットでは確認できない)、

どの市町村でもそれに準じているとの事です。

全国でも「ロジャーOK」と明記されているのは、兵庫県だけです。

 

【徳島県】

徳島赤十字病院耳鼻咽喉科の千田いづみ先生がまとめた資料がネットに上がっています。

この資料内に「徳島県では 補聴援助システムを希望し、申請した両側難聴 児の全員に助成されており、

補聴援助システム の普及は徳島県が全国第 1 位である」という記述があります。 

 

なお、「ヒアリングエイド・ボルテージ・ドットコム」では、

「自治体へのロジャーの助成に関する申請代行、アドバイス」を無料で行っています。 

  参考:ロジャー無料コンサルティングメニュー

 

(参考)

令和 2 年度 軽度・中等度難聴児に対する補聴器購入費用助成制度の 地域差に関する調査報告

(日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会・日本臨床耳鼻咽喉科医会 合同委員会 福祉医療・乳幼児委員会)