· 

ロジャーセレクトのレンタル依頼爆増! その理由は「Bluetooth + UDトーク / Google Live Transcribe」

5月に入ってのロジャー試聴機レンタル案件で、あるトレンドが出てきています。

機種は2018年6月リリースの「ロジャーセレクト」 受信機は不要。用途は「UDトーク」の外部マイクとして。

元々「ロジャーとUDトークの連携」は2017年~2019年頃にもネット上で多く掲出されていました。

 

今回は、2022年1月にリリースされた「ロジャーオン」が Bluetooth 機能を有していないこと、

Bluetooth 機能を持っていた「ロジャーペン」が2021年12月に販売終了となり、

セレクトがロジャー送信機の中で唯一の Bluetooth 搭載機となったこと、

コロナが落ち着いてきて対面会話が増えてきたであろうこと、

1月期のTBSドラマ「ファイトソング」で「UDトーク」が一般的にもブレイクしたこと。

いろいろなタイミングが重なってのトレンドかもしれません。

 

元々、セレクトはロジャー送信機として「難聴者が装用しているロジャー受信機に直接音を届ける」のが、本来の役割です。

装備している Bluetooth 機能も「スマートフォンと連携してハンズフリー会話を実現させる」のがメーカーの推しポイントでした。

 

今回のように「受信機不要=補聴器 / 人工内耳への音声送信は不要」というのは、ある意味ロジャーの機能を使い切っていないとも言えます。

それでも、UDトーク推奨の外部マイク「AmiVoice」がロジャーに比べてコストパフォーマンスが優れているにも関わらず、

ロジャーセレクトは、その集音モードの多彩さや、集める話者の声の正確さが、評価されているのかと考えます。

 

また2022年2月にAndroid 用にリリースされた、Google の文字書き起こしアプリ「Live Transcribe」の外部マイクとしても使用できます。

 

ロジャーオンとの比較や、UDトークとの連携図に関しては、下記記事をご参照ください。

 企業向け、個人向け「ロジャーオン」「ロジャーセレクト」徹底比較

 【最新】ロジャーをUDトークの外部マイクとして使う

 

また下記記事の「my roger story vol.14」にセレクトとUDトークの連携をされているお客様の声なども紹介しています。

 ロジャー利用のお客さまの体験談(ソノヴァ・ジャパン社 きこえブログ)