· 

ロジャーダイレクトのメリット / デメリット

2018年にリリースされたロジャーダイレクトは、「ロジャーの受信機機能を補聴器自体にインストールしてしまう」という画期的な発想が素晴らしいものでありました。

 

一方でご利用いただくにあたっての注意点がメーカーのカタログでも、販売店のサイトでも、しっかり説明されているとは言い切れず、ロジャーダイレクトの「メリット」も「デメリット」も中途半端にしか伝わっていない感が否めません。

 

そこで、ここではそれらを再度整理した上で、

「この使い方なら、圧倒的コストパフォーマンスで、ベストセラー機「ロジャーセレクト」を使い倒せる」

「この使い方では注意が必要。コストパフォーマンスの良さだけではなく、他の選択肢を考える必要がある」

という事を忖度なくお伝えしたいと思います。

 

ちなみに商品名の「ロジャー iN」は「ロジャー イン」ではなく、「ロジャー アイエヌ」と呼びます。


ロジャーダイレクトの圧倒的コストパフォーマンス

まずは、その「圧倒的コストパフォーマンス」から説明しましょう。「ロジャー iN」の場合、他のロジャー製品と違ってカタログで「オープン価格」と表記されていることが「分かりにくさ」に拍車をかけています。いろいろな販売店のサイトでも、そこをしっかり表記していないんです。

はっきり言いますね。「ロジャーオン iN」「ロジャーセレクト iN」は

 メーカー推奨小売価格 110,000円(税込)

となっています。もちろんオープン価格ですので、

 ヒアリングエイド・ボルテージ・ドットコム通常価格 100,000円(税込・送料込)

と致します。あくまで通常価格ですので、ご購入をご検討の方は、お問合せ にてご相談ください。

 

通常の「ロジャーオン」「ロジャーセレクト」は140,800円(税込)、これに受信機が必要となりますので、

片耳でも+約10万円、両耳だと+約20万円がかかります。

 

つまり両耳だと約35万円が必要となります。ところが「ロジャーオン iN」「ロジャーセレクト iN」の場合、補聴器2台分にインストールできる受信機機能を備えていますので、11万円で事足りるわけです。つまり約3分の1の価格でフル機能の「ロジャーオン」「ロジャーセレクト」が使えるという事になります。

 

ロジャーダイレクトは補聴器を選ぶ

ロジャーの大きな特徴のひとつとして「国内のほとんどの補聴器・人工内耳にフィットする」という事があります。

ただし「ロジャー ダイレクト」が、その受信機機能をインストールできる補聴器はフォナック製補聴器の「パラダイス」シリーズと「マーベル」シリーズだけとなります。パラダイスは2020年12月リリース、マーベルは2019年6月リリースされたシリーズです。

 

下の表のように、バート(耳あな型)やスカイ(お子様向け)は未だにパラダイスシリーズがリリースされていません。コロナの影響もあり、世界的にリリースが遅れているようです。なお耳かけ型のボレロは、同じく耳かけ型パワータイプのナイーダに統合されるようで、ボレロ パラダイスのリリースは予定されていない模様です。

 

ロジャーダイレクトの一番の注意点は、従来の送信機と接続できないこと

ロジャー ダイレクトの場合、ご購入後に受信機の機能を補聴器にインストールします。(この作業は販売店が致します。もちろんヒアリングエイド・ボルテージ・ドットコムでも可能です)

 

これによりロジャー受信機なしで、ロジャーセレクト iN から送られた音を補聴器で聞き取ることが可能となります。しかしその一方で、他のロジャー送信機との接続はできなくなります。

 

例えば、ご自宅やプライベートでロジャーセレクト iN を使ったその補聴器で、例えば学校で利用されているロジャータッチスクリーンマイクとは接続ができないのです。

 

よって、学校や会社、自宅など複数の場所や場面で、複数のロジャー送信機と接続する使い方をされる場合は、ロジャーダイレクトの利用はしないという選択肢もある訳です。

 

「ヒアリングエイド・ボルテージ・ドットコム」では「ロジャーダイレクト」

活用に関するお問合せも受けております。

ロジャーダイレクトの比較まとめ