· 

聴覚障がい者雇用企業が、補聴援助システム「ロジャー」を導入される際に申請できる助成金

 

企業の障がい者雇用について

 

日本では、障がい者が働く機会を得、ともに生活できる社会の実現をめざし、民間企業に対して障がい者の雇用が義務付けられています(障害者雇用促進法)。社員数に対して雇用するべき障がい者の割合を「法定雇用率」と言い、2021年3月より「2.2%」から「2.3%」に引き上げられました。

 

情報保障機器の導入に適用できる助成金

 

障がい者雇用を進める企業に対してはさまざまな助成金が設定されておりますが、その一つに「障害者作業施設設置等助成金」があります。障害者を常用労働者として雇い入れるか継続して雇用する事業主で、その障害者が障害を克服し作業を容易に行えるよう配慮された施設または改造等がなされた設備の設置または整備を行う(賃借による設置を含む)場合に、その費用の一部を助成するものです。

 参考:障害者の雇用支援 (独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構)

 

独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構(Japan Organization for Employment of the Elderly, Persons with Disabilities and Job Seekers 略称: JEED)は、高年齢者や障害者の雇用を支援する業務、ならびに求職者その他労働者の職業能力の開発及び向上のための業務等を行う、厚生労働省所管(職業安定局)の独立行政法人です。

 

そのJEED様のサイトで下のような事例を見つけました。令和3(2021)年度の「障害者雇用納付金制度に基づく各種助成金」の活用事例だそうです。これって「ロジャーセレクト」??

 

 

補聴援助システム「ロジャー」の導入に申請できる助成金とは?

 

さっそく、JEED様に「ロジャーで申請ができるのか、問合せをしたところ、下記のような大変丁寧な回答をいただきました。原文のまま紹介させていただきます。

 

------☆------☆------☆------☆------☆------☆ ------☆------☆------☆------☆------☆------☆------☆------☆------

「ロジャー」は、障害者作業施設設置等助成金で認定事例がございます。

障害者作業施設設置等助成金は、障害者を労働者として雇い入れるか継続して雇用する事業主が、その障害者の障害特性による課題を克服し作業を容易にすることを目的として製造等された設備(視覚障害者用拡大読書器等)を設置・整備する場合に、その費用の一部を助成するものです。

 

「『ロジャー』を購入すれば助成金が受給できる」というものではなく、支給対象となる障害者の就労上の課題や作業内容等、個々の状況について事業主様から説明を申請書等に記入いただき審査を行うことになります。

 

(1)助成金の支給額は、支給対象費用に助成率2/3を乗じて得た額または支給限度額のいずれか低い額となります。

 作業設備の支給限度額については150万円、短時間労働者(重度身体障害者等は除く。)の場合はその半額となります。詳細は、「障害者雇用助成金のごあんない」をご確認ください。

 

(2)助成金の相談・申請は、当機構の都道府県支部高齢・障害者業務課(東京、大阪は高齢・障害者窓口サービス課)が窓口となります。助成金のご利用に当たっては、様々な要件がございますので、申請前に都道府県支部にお問い合わせください。

 JEED 都道府県支部一覧

 

 

------☆------☆------☆------☆------☆------☆ ------☆------☆------☆------☆------☆------☆------☆------☆------

 

JEED のご担当者様、本当にありがとうございました。

こういった助成金を活用して、日本中の職場で頑張っていらっしゃる難聴者の方々に、ロジャーを使っていただきたいものです。

 

助成金を使って「ロジャーセレクト」を3割負担でご購入いただきました!

 

最後に、このような助成金を使って「ロジャーセレクト」を導入されたお客さまの声をご紹介します。

 

------☆------☆------☆------☆------☆------☆ ------☆------☆------☆------☆------☆------☆------☆------☆------ 

今回は社内の聴覚障がい者全員に支給されている「UDトーク」の外部マイクとして使用。

社内に幾つかある集音マイクや、ロジャー製品を片っ端からトライアルしました。

各種製品をトライアルした結果、「ロジャーセレクト」を選んだ理由は、

 ・集音範囲が広い

 ・Bluetooth対応でスマホとの接続が簡単

 ・小型軽量の為、持ち運びが容易(首にかけても負担にならない重さ)

 ・集音の音質が良く、iPhoneのマイクより高音質

 ・形状がおしゃれ

という事です。

------☆------☆------☆------☆------☆------☆ ------☆------☆------☆------☆------☆------☆------☆------☆------

 

※お客さまが利用された助成金が、JEED のものかはお伺いできませんでした。

 いずれにしてもお客さまのご負担は4万円ほどでした。