補聴器用電池の販売単位(数え方)

補聴器用電池は1粒、2粒という風に「粒」単位で数えます。

最小販売単位は1パック(6粒入り)で、一番人気のある販売単位は1箱(=10パック入り=60粒入り)となります。(ただし送料を抑えるために、10パックをバラにしての発送となります)

 

当サイトでは、事務手数料削減とお客様への分かりやすさの為、当面は10パックのみでの販売と致します。


補聴器用電池の種類(電池メーカー編)

極端な言い方になりますが、補聴器用電池は基本的には次の 3つのブランドしかありません。

 

 パワーワン(ドイツ)

 レイオバック(アメリカ)

 ゼニパワー(中国)

 

国内の電池製造メーカーは、東芝、パナソニックも既に自社生産を中止しています。日本の電機メーカーも世界的にみれば競争力の低下が顕著であり、補聴器用電池というニッチな分野でも例外ではありません。現在は上記3社が世界シェアのほとんどを押さえています。唯一国内では東芝が撤退時に工場を引き継いだネクセルが頑張っています。ちなみにパワーワン電池を製造しているドイツのファルタ社は日本法人を構えており、日本国内ではパワーワンが圧倒的に強いと言われています。


補聴器用電池の種類(補聴器メーカー編)

実は補聴器用電池の通販サイトで、話をややこしくしているのは(笑)、これらの補聴器メーカーブランドの電池です。日本で流通している補聴器メーカーは外資、国産合わせて10社ほどありますが、そのうち何社かは自社ブランド名を付けた補聴器用電池を販売しています。しかし電池自体は先に説明したパワーワンやレイオバックから購入し、自社のラベルを付けているだけです。

 

パワーワンから供給

 フォナック(ソノヴァ社 / スイス)

 シグニア(シヴァントス社(旧シーメンス社) / ドイツ)

 オーティコン(オーティコン社 / デンマーク)

 ワイデックス(ワイデックス社 / デンマーク)

 パナソニック(パナソニック社 / 日本)

レイオバックから供給

 GNリサウンド(GNヒアリング社 / デンマーク)

 リオネット(リオン社 / 日本)

 

フォナックの補聴器には、フォナックラベルの電池しか使えないのでしょうか。いえそんなことはありません。フォナックの補聴器はパワーワン電池適応なので、パワーワンラベルの電池、フォナックラベルの電池、もっといえばシグニアラベルの電池でも使えるのです。つまり、日立の懐中電灯にソニーの乾電池を入れても問題ないのと一緒です。

 

当サイトでは、国内で最も流通している「パワーワン電池」に絞り、提供していきます。

つまりほとんどの補聴器に適応できる電池をお求めやすい価格で提供していきます。


補聴器用電池の種類(大きさ編)

補聴器の電池は、4種類の大きさがあります。

 

補聴器は耳につける精密機械ですので、その大きさも様々です。ご自分が使っている補聴器には、どのサイズの電池が使えるのかで、購入する大きさが決まってきます。通常の電池であれば、単1、単2、単3などのサイズがあるのと同じ感覚ですね。それぞれの特徴をまとめてみました。

 

適応する補聴器は大まかな分類としています。詳しくはお手持ちの補聴器の説明書をご確認ください。

 

補聴器は、長時間つける場合が多いです。そのため電池の減りも早く、定期的な交換を必要とします。1日に10時間装着すると仮定し、1ケース(60粒)購入時の大まかな追加時期を大まかにまとめてみました。季節や使用環境などによって変わりますのでご参考としてください。


補聴器用電池の価格の不思議(当サイトが目指すこと)

ここまで説明したことを整理すると「自分の補聴器に合った大きさのパワーワン電池を、できるだけ安心な価格で購入する」というシンプルな構図となります。

 

多くの補聴器用電池の通販サイトでは、そういった説明もせずに、できるだけ多くのラベルの電池を扱っており、それを異なる価格で提供しています。そこにはそのサイトを運営する販売会社と、補聴器メーカーの力関係が関係しており、仕入れ価格の違いによる販売価格の違いが、お客様にとっての分かりにくさになっています。同じサイトでも「パワーワン電池」と「補聴器メーカーラベル電池」では価格が違うケースもあります。メーカーは、自社ラベル電池はあまり安くしたくないという考えもあるからです。

 

また同じ通販サイトでも、数量や、送料の有無、掲載するポータルサイト(楽天、amazonなど) で価格の違うケースもあります。つまり「パワーワン」1種類しかない電池が

 (1)通販サイト

 (2)ポータルサイト

 (3)数量

 (4)送料込みか送料別か

 (5)ラベルの違い

によって実に様々な価格になってしまうのです。

 

当サイト「ヒアリングエイド・ボルテージ・ドットコム」ではそういう「わかりにくさ」を排除し、「送料込みの1粒当たり単価」という指標を表記することで、お客様に信頼していただける販売を目指していきたいと考えています。

 

また多くの通販サイトが「楽天」や「yahoo!」「amazon」などのポータルサイトに掲載しています。もちろん「集客力」という意味では絶対の信頼がおけるわけですが、その分それぞれの販売手数料は決して安いものではなく、当然ながらそのコストは販売価格に乗っかってきます。当サイトではチャレンジとして「ポータルサイトへの掲載をしないで集客を図る」ことを目指します。その分お客様への提供価格を魅力的なものにできれば、と考えております。

 

パワーワン電池 各種 10パック(60粒)

税込み 送料込み 1,900円(1粒当たり31.7円)

を実現いたしました。