実はあまり知られていないのですが、人工内耳を装用されている方向けに用意されているロジャーもあります。なぜあまり知られていないかというと、補聴器の場合、多くは補聴器専門店や眼鏡店が扱っており、同様にロジャーの提案、販売なども行っています。一方、人工内耳に関しては耳鼻科の医師が行う手術がベースとなっており、なかなかロジャーの提案までできていないというのが現実です。

 

人工内耳装用者も、補聴器装用者と同様に広い場所(教室や講堂)や複数の話者がいる場面(会議やミーティング)では聞こえに不満を感じることがありますので「ロジャー効果」を同様に得ることができます。

 

人工内耳のメーカーは、アドバンスト・バイオニクス社、コクレア社、メドエル社が知られていますが、ロジャーはいずれのメーカーの人工内耳に適用できる受信機が用意されています。ちなみにアドバンスト・バイオニクス社はロジャーの開発・製造を行っているフォナック社と同じソノヴァ・グループとなります。


ロジャー14

(コクレア社人工内耳N6用)

ロジャー20

(コクレア社人工内耳N7用)

ロジャー17

(アドバンスト・バイオニクス社

人工内耳用)

ロジャー21

(メドエル社人工内耳用)