· 

ロジャー普及にかける想い(代表インタビュー)

 

名高 ヒアリングエイド・ボルテージ・ドットコムさんは、スイスの補聴器ブランド・フォナックが手がける補聴援助システム「ロジャー」の導入コンサルティングなどを行っているとうかがいました。まずは、代表を務める小野さんのご経歴からお聞きします。

 

小野 社会人第一歩目はアパレル業界で、大手婦人服小売店に就職し10年ほど新店出店事務局運営や接客販売などに従事しました。その後、グループ会社の業務用ユニフォームメーカーで、大手外食チェーンの制服の提案営業などを約8年担当しまして。当時業界初となる、ネット販売サイトの立ち上げにも携わりました。

 

名高 約20年もの間、アパレル業界で経験を積まれたんですね。それにしても、業界初となるネット販売サイトを起こしたとはすごいなあ。                                                                      インタビュアー 名高達男(俳優)

 

小野 計画当初は、洋服も制服も、実際に試着していただいてから売るという従来の販売手法から抜け出せない方々の反対が多くて苦労しましたね。まだユニクロもない頃でしたから(笑)。ただ、いざ始めてみると大変ご好評いただきまして、無事成功させることができ、ライバル他社も追随してきたような状況でした。それを機に、ゆくゆくはネット業界で生きていきたいと考え始めたんです。

 

名高 そこからどのようにロジャーと出合うのか、その経緯をうかがっていきましょう。

 

小野 ネットビジネスの知見を深めたいと思った私は、その後、いくつかのネット関連会社やIT企業で経験を積み、ネットとコールセンターの融合を図り、クライアントの業務支援を手がける企業に転職したんです。そこであるクライアントに常駐して補聴援助システム「ロジャー」の販売支援を手がけることになり、教育現場への導入支援業務に従事しました。その中で、聴覚障がいを持つお子さんや学生さんなど、難聴に苦しむ方のお役に立ちたいと思いまして。それでこのロジャーをもっと周知したいと、独立したんです。

 

ロジャーは難聴者ご自身やご家族にはある程度認知されてはいるものの、まだまだ必要とされている方のもとに行き届いていないのが現状です。学校や企業側で購入していただいたり、個人での購入に対しても自治体から助成金がおりたりするケースもありますが、まずは学校や企業、行政などに知っていただかないと、制度の周知もままなりません。ロジャーを必要とするすべての難聴者の方へ行き渡るよう、当事業所での活動を通じて、もっともっとその存在を広めていかなければと感じているところです。

 

名高 小野さんの情熱がひしひしと伝わってきます。それではあらためて、ロジャーとはどんなシステムなのかお聞かせください。

 

小野 健常者の皆さんは、難聴者の方が補聴器や人工内耳を付けていれば聴こえるだろうと思いがちですが、そうではありません。補聴器は周りのいろいろな音を正確に平等に拾ってしまうのです。そういった環境で、話し手がロジャーのマイクを装着したうえで話すと、その声をマイクが集音し、デジタル無線で聞き手の補聴器や人工内耳に付けたロジャー受信機へ直接届けてくれます。ですから、周囲の雑音にかかわらず、話し手の声をクリアに聞き手の耳に届けることができるんですよ。私が今日胸に付けているものが、最新機種のロジャーオンというマイクです。

名高 画期的なシステムだなあ! ただ、小野さんはネット販売のノウハウがありながら大手ECサイトを通じたロジャーの販売は行っていないのだとか。

 

小野 そうなんです。ロジャーは買って与えれば良し、売って終わりのシステムではありません。導入前に、ご本人やご家族、周囲の関係者との綿密な打合せが必要で、導入後も使用方法のご案内やアフターフォローなどのコミュニケーションが大事になってきます。ネット販売だとどうしても“売って終わり”になりがちなので、そういった説明をきちんとしてから販売するようにしています。

 

名高 ユーザーに寄り添う小野さんの誠意が感じられますよ。

 

小野 ありがとうございます。以前あるお客さまの親御さんからロジャーの仕様に関する問い合せがあり、メーカーさんに詳しく調べていただいたところ、スイス本社まで連絡していただいてわかったことがありました。

 

そのお客さまというのが学生さんでして、直接お会いしたときに、ロジャーをまるで身体の一部のように使いこなしていたんですよ。その子と将来について話していると、しだいに「フォナックでロジャーに携わる仕事をしてみたい」という夢が生まれたようでして。ロジャーが子どもにそういう目標をもたらしたのだと思うと、すごく嬉しかったですね。

 

名高 それは素敵な出会いですね! その学生さんのように、ロジャーで人生が変わる人も多そうだ。昨今のコロナ禍では直接コミュニケーションを取る機会が減り、孤立化の傾向が強まっていると感じます。そんな中でも聴覚障がい者の方が会話を楽しめるよう、小野さんの今後のご活躍を期待しています!

 

 

 

「仕事を楽しむ」とは・・

会社員時代も仕事を一生懸命やっていたつもりでしたが、今は仕事へのボルテージが全然違います。お客さまだけでなく、ロジャーに関わるすべての方に、その熱量を伝えていきたいですね。

(小野 有紀)


【事業所 情報】

ヒアリングエイド・ボルテージ・ドットコム

〒220-0002 神奈川県横浜市港北区師岡町1012 サンシティ師岡203

 

ホームページ

https://www.hearing-aid-voltage.com

 

コーディネート:瀬尾和久

取材:奥田歩人

構成:若槻春香

カメラマン:金山彩耶